奨学金の滞納

奨学金の滞納が見られるか否かというのは、一概に言えません

奨学金と金融
キャッシングの審査基準に奨学金の滞納が見られるか否かというのは、一概に言えません。

 

たとえば信用情報機関に登録されている信用情報を申し込み内容、最終的な証明書類と在籍確認で審査を行うような貸金業者からキャッシングを受ける場合には、あまり影響はないと考えられます。

 

奨学金の返済状況は、信用情報機関に登録されません。

 

よって「この人が返済が滞っている人である」ということを、知り得る手段がないのです。

 

しかし銀行口座の通帳にあるお金の流れまで確認した上でキャッシング枠を与える貸金業者があります。

 

そこでは引き落としがまちまちであるといった項目もチェックすることがありますので、もし様々な返済の引き落としの記載におかしな点があれば、「滞納しているのではないか」と予想してくるでしょう。

 

そういうものも審査基準に入ってこないとも限りません。

 

事業主の審査などでは、税金の滞納まで確認されることは少なくありません。

 

キャッシングの審査は「こういう人には貸してはいけない」という総量規制のような法律はあっても、「これだけの項目を満たしていたら貸さなければならない」といった法律はありません。

 

その業者が定めた基準によって審査を行っていいことになっています。

 

そのためその人の信用を著しく低めたとその業者が判断するようなような事実を知り得たときには、キャッシングを受け付けないという選択肢もその業者にはあるのです。

 

総量規制の施行やグレーゾーン金利の撤廃によって、あえてリスキーな人に貸すことを避ける傾向にあります。

 

様々な料金の引き落とし口座となっている銀行にキャッシングを申し込む際にも、引き落とし状況なども当然チェックされると考えていいでしょう。

 

それがどこまで影響を与えるかはそれぞれですが、全く影響がないとは考えづらいものです。

 

キャッシングと言うには語弊がありますが、制度融資や日本政策金融公庫から借入を行う場合には、奨学金の返済状況が審査に影響する可能性は、民間の貸金業者より大きいと考えられます。

 

全ての通帳の流れは必ず見られますし、同じく国や地方自治体の制度であったならば、その情報を知り得る可能性は大いにあります。

 

また人的保証を立てずに機関保証制度を利用していれば、その保証協会が代位弁済することになります。

 

制度融資や日本政策金融公庫も同様の保証協会の保証を得て利用することが多く、それがネックとなって借り入れができないということは充分に考えられます。

 

関連:エポスカードでキャッシング増額申請手続きの方法